第31回 逸品世界への招待状

長期に渡るCOVID-19の対応で、以前にも増して国内外の演奏家が、公式に私的にインターネットで演奏動画を発表しています。発信元(演奏者)は一つでも、受け手(私)はほぼ同時に、複数の演奏家を聴くことが可能です。つまり、誰にでも競争順位やレベルがわかる国際スポーツ大会が、24時間お茶の間の音楽世界で開催中なのです。良し悪しの受け取り方は「…

続きを読むread more

第30回 スカーレット・レディ

「11;00 a.m.。人に酔いながら、地下鉄六本木駅から地上に吐き出された僕に、汚れた首都高が迫ってくる。白人、黒人、有色人種。智恵子は東京に空が無いといふが、異国の人は多くいるんだ。(中略)灰色の什器に飾られ詰められた、無口なCD。僕は手に取る。僕は高揚する。僕は脇汗をかく。『見つけた』『僕は見つけたんだ』。独り言のように同じ探究の…

続きを読むread more

第29回 昭和40年代・お手伝い事情

むかし、桃太郎のお婆さんは川で洗濯をしましたが、私も川で、妹のオムツを洗濯しました。我が家に、まだ洗濯機がなかったためです。洗濯はいつも玄関横の外の洗い場で、泡の立ちにくい洗濯石鹸を使い、洗濯板にゴシゴシ擦り付けて、冷たい水で洗いました。でも汚れたオムツは近くの川で、もっと冷たい水で洗っていたのです。桃太郎のお婆さんには桃の見返りがあり…

続きを読むread more