"日記"の記事一覧

第59回 ドキュメント《その時、私は》

期せずして第56回、第57回と続く、この「昭和の香り日記」では『TBS報道特集』『NHKスペシャル』に相当する内容と我はご満悦の、シリーズ《実家地区の過去と現在から、今の日本を考察しましょう》。今回は「その時、私は」で、れっつらごー。2023年10月1日早朝。人口約2万6千人、世帯数約13000。我が出生と成長の地で、早起きお年寄りたち…

続きを読むread more

映画『顔色をうかがう、こどもたち。』予告編

《脱皮から2日目に ゲリラ雷雨で落命した名もなき一匹の蝉へ この映画を捧ぐ》  製作 「顔色をうかがう、こどもたち。」製作委員会製作会社 スタジオ・キレイナハナラビ  《生前、隠遁の作家と呼ばれ、晩年、失踪宣告を受けた桂馬 香のベストセラー小説、遂に映画化》  (ぼくの ひいおじいちゃんは しゅうぎいんぎちょう です)「今から家に…

続きを読むread more

第57回 昭和の香り

「♪母は来ました 今日も来た」。帰らぬ息子を岸壁で待つ母。歌詞と台詞に情感を込めた二葉百合子の《岸壁の母》は、「一杯のかけそば」同様に社会現象となりました。「那須市 犬神佐清」の紙を掲げ群衆から我が子を捜す母・松子。「お母さん、佐清です」。振り向くと、顔に大怪我を負い戦地から復員した、のちに白マスクとなる佐清(実は青沼静馬)だった‥‥‥…

続きを読むread more