映画『顔色をうかがう、こどもたち。』予告編

《脱皮から2日目に ゲリラ雷雨で落命した名もなき一匹の蝉へ この映画を捧ぐ》


 製作 「顔色をうかがう、こどもたち。」製作委員会

製作会社 スタジオ・キレイナハナラビ


 《生前、隠遁の作家と呼ばれ、晩年、失踪宣告を受けた桂馬 香のベストセラー小説、遂に映画化》


 (ぼくの ひいおじいちゃんは しゅうぎいんぎちょう です)

「今から家に来ないか」「二人きりで会いたい」「愛してる」

《ひ孫には見せられぬ、大人の醜態》


(わたしの しんせきのおじさんは ないかくそうりだいじん でした)

「議会については、私は立法府の長であります」「総理大臣の私が言うのですから、間違いありません」 

《こどもには通らぬ 大人の身勝手な論理》


(ぼくの しんせきのおばさんは けいざいさんぎょうだいじん でした)

「決して忘れることのない傷として、その歩みを進めていきたいと思います」

《甥っ子は知らない 大人のドリル工作》


🎵白ヤギさんから お電話あった 黒ヤギさんたら お耳が遠い

 仕方がないので お電話かけた さっきの電話の ごようじなあに


 黒ヤギさんから お電話あった 白ヤギさんたら お耳が遠い

 仕方がないから お電話かけた さっきの電話の ごようじなあに

《主題歌:小野鯖貫(眼福寺五十三代住職)「馬耳東風」(Bribe・Music Entertainment)》


「学生だよね。俺、18歳に興味あるわ。まじでまじで。じゃーさー、遊びの彼女やってみる?」

 「感動」「絆」「安心」「安全」「発言を撤回します」

《大人たちのさまざまな思惑が》


「現段階で、何か説明不足というご指摘はあたらないのではないか」「同じ空気を吸っているだけでも気分が悪くなる」「人材は適材適所だ」

《こどもたちを翻弄する》


「ウラジーミル。君と僕は、同じ未来を見ている」「二人の力で、駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか」

《2023年、日本映画最大の問題作にして衝撃作》

『顔色をうかがう、こどもたち。』


(ぼくの はなしあいては おおさかふ せいせいえーあい しばいぬだいちゃん です)

「政治のことはよくわからへん」「大阪維新、大阪の未来のことを考えとるんやろな。いいことやっとるで」

《12 . 8 fri  ROADSHOW 》

《明日は、今日よりも良くなると誰もが感じられる》


日記58回.jpg

ノルディックサウンド広島

HP   http://www.nordicsound.jp/

Facebook   https://www.facebook.com/98.nordic/?modal=admin_todo_tour

この記事へのコメント