第65回 小学6年生 相澤大翔(ひろと)の驚き

ぼくの通う私立掛花小学校は、ブルジョワ小学校と言われています。お嬢様とぼんぼんが大勢通う小学校で、他の学校と少し違いがあります。まず正門です。大きなゲートです。鉄柵の前に防護用バリケードが置いてあり、許可のない車は校内に入れません。中に入れる車もIDカードをみせて、金属探知機で車の底まで調べられます。2匹のジャーマン・シェパードも不審者…

続きを読むread more

第64回 小学6年生 小園結菜の憂い

私には幼稚園からずっと仲良しのM.M君がいます。小学校に入った頃はクラスが違いましたが、3年生からは同じクラスです。M.M君は小さい頃からおっちょこちょいで、人懐っこい性格で、雨上がりにタケノコをみつけることが得意でした。私のことを「ゆいちゃん」と呼びます。でもお父さんとお母さんのことは「オトン」「オカン」と呼んでいました。すぐ「なんで…

続きを読むread more

第63回 ちゅれちゅれ草

ちゅれちゅれなるままに日くらし硯にむかひて、心にうつるゆくよしな事をそこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。【第一段】街中行き交う人は、老いも若きも茶髪もピンクも「歩きスマホ」はよくある事だ。別に驚くことはない。しかし手の爪を切りながら横断歩道を渡る男には驚いた。【第二段】近頃にわかにルイボスティーを目にする耳にする。…

続きを読むread more